FX初心者によくある失敗例7選|失敗しないためのコツを伝授します!

公開日:2023/09/20  最終更新日:2023/09/21

不動産投資や株などに比べて、FXは失敗しやすいといわれています。実際のところ、FXには頻繁に発生する失敗の傾向があります。

その理由をきちんと理解しておくことで対策しやすくなり、手痛い失敗を避けられて成功ができるかもしれません。

そこで今回は、FX初心者が陥りやすい失敗例を紹介します。

画像12345
屋号大阪FX教室タケルFXスクールファイナンシャルアカデミー自分でできるFX教室(秋田式)インベストメントレシオ
おすすめポイント全くの投資未経験者がトレードコンテストで上位入賞!実績がすごい FX スクール専門知識はなしでOK!女性や初心者も始めやすいコースやルールを用意自分でできるFX教室(秋田式)成功できる独自のノウハウを提供!初心者でもわかる講義内容が人気老舗スクールならではの独自のノウハウを提供!対面型の講義を実施
レッスン・コース■個別コンサル
■グループレッスン
■法人向け・投資教育研修
■ベーシックコース
■ベーシック通信コース
■FXコンサルタント
■FXシナリオ分析ゼミ
■FXデイトレーディングゼミ
■外貨投資・FXスクール
■投資家心理マスタースクール
■FX初⼼者基礎コース
■シンプルトレードパーフェクトコース
■シンプルトレードコース
■⽬指せ!プロコース
■プチトレーダーコース
■トレーダーコース
■プロトレーダーコース
■億トレーダー・養成コース
■市況予測コース
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

FX初心者がよくやる失敗例

FX初心者によくある失敗について見てきましたが、初心者の失敗にはどのような共通点があるのでしょうか。失敗しやすい人の共通点について以下のとおり解説します。

勘に頼ってトレードする

FXは通貨の動きによって左右されるトレードなので、通貨の動きには何らかの根拠が基づいています。しかしながら、初心者でよくある失敗として勘に頼ってトレードしてしまうことで、失敗につながってしまう可能性があります。

投資の世界は勘や思い込みでビギナーズラックの可能性もありますが、勉強を続けなければ継続的な成功につながりません。

損切りができない

投資の世界では損切りのタイミングが重要となります。とくにFXでは常に利益が出るとは限らないため、利益を上げ続けるためには損が出ている時の判断が大事です。もう少し待っていれば反転するかもしれないといって損切りできないのは、FXで失敗しやすい人の共通点となります。

戦略なしのスワップポイント狙いの取引をする

FXでは為替差益とは別に、スワップポイントによる利益をとる手法もあります。スワップポイントとは2国間における金利差のことをいい、通貨ペアを構成する通貨のうち低金利の通貨を売却して高い金利の通貨を購入すると、その金利の差をほとんど毎日受け取れます。

ただし、為替相場が下がればスワップポイントによる利益を上回る為替差損が出る場合があります。くわえて、トルコリラやメキシコペソといった発展途上国の高金利通貨は値動きが安定せず、メイン通貨よりも急激な価格の変動が起こりやすいです。

こういったリスクを十分認識せずにスワップポイントの利益を見越した取引をすると、相場変動によって大幅な損失を出してしまう場合もあります。

たくさんの通貨ペアで取引をする

FXではいろいろな通貨ペアを取引することができます。初めは興味本位でさまざまな通貨ペアの取引をしたくなるかもしれませんが、なかには未経験者にとって難易度が高い通貨ペアもあります。

くわえて、同時に複数通貨ペアの取引をすると、満足いく情報収集やポジション管理ができなくなって、失敗に陥る場合もあります。

よって、はじめは未経験者でも簡単に取引できる一種類の通貨ペアに限定して取引することをおすすめします。

取引時間を定めていない

FXは取引する時間の幅が広く、基本的にウィークデイはほとんど24時間取引ができます。ただ、それでも取引する時間帯を定めずに好きな時間帯に取引していると、効果的に利益を上げるのは厳しいかもしれません。

外国為替相場は、時間帯ごとに値動きに幅が生じるという特徴があります。値動きの振れ幅は取引の効率に直接つながるので、取引する時間帯にも注意しておくべきでしょう。

遊び金でFX取引していない

遊び金ではなく、自分の固定資金を使ってFXをしてしまうと、失敗する危険が高まります。なぜかというと、そういった資金を使用していると、取引する際に感情的になるからです。

FXでは感情をできるかぎりなくし、決まりごとにしたがってオートマチックに取引をすることが重要です。そこで自分にとって遊び金とはいえない資金で取引すると、資金を失ってはまずいという感情が先走り、損切りするべき機会で潔く損切りができないといった状態になりかねません。

FXで失敗しないためのコツ

FXの初心者によくある失敗や失敗しやすい人の共通点について紹介しましたが、失敗しないためのコツについても以下のとおり紹介します。

戦略なしのスワップポイント狙いの取引をする

FXでは為替差益とは別に、スワップポイントによる利益をとる手法もあります。スワップポイントとは2国間における金利差のことをいい、通貨ペアを構成する通貨のうち低金利の通貨を売却して高い金利の通貨を購入すると、その金利の差をほとんど毎日受け取れます。

ただし、為替相場が下がればスワップポイントによる利益を上回る為替差損が出る場合があります。くわえて、トルコリラやメキシコペソといった発展途上国の高金利通貨は値動きが安定せず、メイン通貨よりも急激な価格の変動が起こりやすいです。

こういったリスクを十分認識せずにスワップポイントの利益を見越した取引をすると、相場変動によって大幅な損失を出してしまう場合もあります。

取引ルールを定めて厳守する

まずFX初心者が失敗しないためのコツとして押さえておきたいのが、取引ルールを決めて厳守する事です。たとえば、損益が20%発生した時点で必ず損切りをするといったルールを決めておくことで、機械的に判断できるようにしましょう。ただし、ルールに従うだけでは成功につながらないため、失敗した原因を分析する心がけも大切です。

トレードの練習をする

いきなり本番から始めるのではなく、FXのトレードを体験できるアプリなどで練習してみることをおすすめします。実践での経験は重要となりますが、まずはリスクがない状態でトレードを試してみて、FXが自分に向いているかどうかも確認してみましょう。

少額取引を意識する

初心者でFXに慣れないうちは少額取引を意識し、レバレッジをかけるとしても低く設定しましょう。取引に慣れるまでは勝ちパターンや失敗パターンが分からないため、リスクを取るべき勝負どころを見極められません。もし勝ち続けていたとしても、初心者のうちは慢心せずに少額取引を行うことが大切です。

まとめ

FXの失敗例をみていると、失敗を起こしやすいトレーダーの特徴は「すぐに利益を出したいと思っている」という点です。

FXではすぐに利益を出すことや確実に利益を出すことに執着すると、上記のような失敗をしてむしろ大きな損失を起こしやすくなります。今回ご紹介したFXの失敗例を参考にして確実な対策をしておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

FXは為替の値動きを予想し、有利な交換レートで取引を行うことで利益を上げる投資です。資金効率が高く、短期間で稼げるというメリットがある一方で、そう簡単には勝てないため撤退に追い込まれる人も少
続きを読む
FX取引において、トレーダーが直面する可能性のある多くの課題の中で、マージンコールはとくに注意を要するものです。この記事では、マージンコールの定義とその背後にあるロスカットの概念を解説し、ト
続きを読む
FXで為替取引を開始する際は、適切な通貨ペアを選ぶことが重要です。取引の参考となる情報やリスクが異なるため、特性や選び方を理解しておくことをおすすめします。この記事では、初心者の方に向けて、
続きを読む