FXのスプレッドって何?利益にどう影響するのか、簡単に解説!

公開日:2023/03/01  最終更新日:2023/02/02

FXで利益をあげるためにはスプレッドを意識することが重要となりますが、スプレッドがどういう意味か分からないという人も多いかもしれません。今回はFXのスプレッドがどういった意味であるのか、利益にどう影響するのかを簡単に解説します。スプレッドがどのように決まっていくのかにも触れるので、ぜひ参考にしてください。

FXのスプレッドとは

まずは言葉の意味について確認しましょう。FXに限った話ではありませんが、通貨を交換するときには買値と売値の差額が別々に設定されています。

海外旅行での両替が分かりやすい例ですが、たとえば日本円と米ドルを交換する際に円からドルに両替する場合と、ドルから円に交換する場合のレートは異なっています。異なるレートのため差が発生しますが、この差のことをFXではスプレッドと呼んでいます。

スプレッドはpipsの2つの単位で表されており、銭は通貨ペアの片方が日本円の場合に用いられます。pipsは日本円以外の通貨ペアの場合に用いられる単位となります。

1pipsの価値については通貨によって変わり、米ドル対円であれば1pips=0.01円ですが、米ドル対ユーロの場合は1pips=0.0001米ドルといったように異なります。

スプレッドは損益にどう影響する?

スプレッドについて一通り理解したところで、FXの損益にどのような影響があるのか気になる人も多いことでしょう。

たとえば米ドル対円のスプレッドが0.5銭の場合、1万通貨を取引するとコストは5,000銭=50円となりますが、スプレッドが1銭で1万通貨を取引した場合は10,000銭=100円となります。スプレッドは取引ごとに生じる手数料のため、スプレッドが狭いほうがコストを抑えられます

FXをしたことがない初心者にとってスプレッドは気に留めるほどでもない小さな数字ととらえがちですが、取引金額が大きいことからスプレッドのコストは利益を上げるためには無視できません。

スプレッドはFXの損益に大きく影響するため、自分が取引する通貨ペアのスプレッドを意識する必要があります。

スプレッドはどう決まる?

スプレッドがFXの損益に影響することは分かりましたが、スプレッドはどのように決められているのでしょうか。

スプレッドは統一されているものではなく、取引する会社や通貨ペア、経済状況などで変わる可能性があります。スプレッドの設定方法について、以下の観点から解説します。

スプレッドは均一ではない

まずスプレッドについて把握しておきたいこととして、均一で決まっているものではないということです。

通貨ペアが同じであっても、どこのFX会社も同じスプレッドを採用しているわけではありません。そもそも通貨の流通量や調達コストに差があるため、スプレッドは通貨ペアごとに設定されています。

また、スプレッドは金融機関が自由に定められるようになっており、取引する会社ごとで設定が違います。スプレッドは取引コストになるため、少ないほうが利益増加につながります。

スプレッドが変動するのはなぜ?

FXの会社ごとにスプレッドは設定されるものなので、同じ通貨ペアであっても常に一定とは限りません。

スプレッドはインターバンクという金融機関向けの市場で相場は常に変動しているため、FX会社が個人と売買するときも相場に応じてスプレッドが変動するものではないかと考える人もいるかもしれません。

しかしながら、現在では顧客との売買については取引の安定性を保つために、スプレッドを原則固定している会社が一般的となっています。

スプレッドが広がるタイミングとは?

スプレッドは原則固定が一般的ですが、原則外として変動する場合もあります。何らかの原因によってため替市場で大きな変動が生じた場合には、FX会社としてもスプレッドを変更せざるを得ません。

たとえば、近年では新型コロナウイルス感染症によって大きくため替が動いた際に多くの会社がスプレッドの固定を中止せざるを得ませんでした。さらには、アメリカの雇用統計の発表、戦争などの地政学リスクによってスプレッドが変動する可能性があります。

また、マーケットの流動性が下がっている場合も、スプレッドが広がる可能性がある兆候となるため注意が必要です。さまざまなパターンがありますが、スプレッドはあらゆる要因で変動する可能性があるため、経済状況に注目しておく必要があります。

まとめ

今回はFXのスプレッドの意味と利益にどのように影響するのかについて解説しました。FXを始めたばかりの人にとって、スプレッドはあまり意識する必要のないコストととらえがちですが、取引金額と取引回数によっては無視できないコストとなるでしょう。スプレッドは均一で決められているのではなく、通貨ペアや取引する会社などでまちまちです。原則固定とされているスプレッドですが、市場の状況によっては変動する可能性があるため注意が必要です。FXを始めたばかりの初心者はスプレッドにも注意しながら、取引する金融機関を選ぶことをおすすめします。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

FXは為替の値動きを予想し、有利な交換レートで取引を行うことで利益を上げる投資です。資金効率が高く、短期間で稼げるというメリットがある一方で、そう簡単には勝てないため撤退に追い込まれる人も少
続きを読む
FX取引において、トレーダーが直面する可能性のある多くの課題の中で、マージンコールはとくに注意を要するものです。この記事では、マージンコールの定義とその背後にあるロスカットの概念を解説し、ト
続きを読む
FXで為替取引を開始する際は、適切な通貨ペアを選ぶことが重要です。取引の参考となる情報やリスクが異なるため、特性や選び方を理解しておくことをおすすめします。この記事では、初心者の方に向けて、
続きを読む